The Texas Renaissance Festival

今年で47年を迎えた恒例のルネサンス・フェスティバル。「ヒューストンにいる間に一度は行った方が良い」とローカルの方々もお勧めするイベントの一つで、最大限に楽しむなら、暑くないお天気の良い日に仮装をして参加することです。(場内は舗装されていない固い土なので、雨の日は避けた方が良さそうです)。イベント自体は11月末で終わってしまいましたが、今年初めて訪れた某ボランティアスタッフによるレポートをお届けしますので、来年のご参考に〜。

これがよく街で見かけるポスター。場所はサイプレスのプレミアムアウトレットから北へ30〜40分のところ。

無料の駐車場はかなり大きいけれど、エントラスからはちょっと歩きます。歩きたくない人には有料駐車場やバレーパーキングもあります。会場への道は通行止があるためか、周辺結構渋滞してます。

来訪者の半数以上は仮装をしていました。仮装のテーマは「ルネサンス調」。男性はスコットランドの民族衣装であるキルトスカートを着ている人も多かったですね。なりきることでよりイベントが楽しくなります。コスチュームは園内入り口のショップでレンタル販売。コスチュームコンテストもあるので、結構気合が入っている人もいました。

場内はかなり広く、そのほとんどが飲食店や衣装、小物を扱っているお店。アルコール類の取り扱い店も多く、お酒を片手に歩いている人がいっぱい。

大小合わせて18の舞台が有り、30分毎に様々な場所で手品や歌、バンド、コント、寸劇等のバラエティーショーが開催されています。ショーは必ずしもルネサンス調の出し物というわけではないけれど、共通しているのは出演者がルネサンス調の格好をしているということ。

子ども用のプレイグラウンドがあったりと、子どもたちが遊べる場所もあります。夜は20時前より花火の打ち上げがありますが。その後に帰路につくと、大変な渋滞に巻き込まれることは覚悟で。花火まで見る場合は、食べ物や飲み物を車内に用意し、トイレは必ず済すが鉄則!と知り合いのアメリカ人にアドバイスされました(苦笑)。キャンプ場も併設されていているので、テントを張っている人達も多くいました。




◉イベント開催期間 2021年は月10月9日〜11月28日の各土日(*日曜は子ども無料) 

詳細は:https://www.texrenfest.com/


特集記事
タグから検索