アンティーク特集✨




遅ればせながら、2019年、明けましておめでとうございます🎍         

本年も引き続き「 お助けマップ 」をヒューストン生活にお役立ていただければ幸いです。 *****************

新しい年を迎え「新しい趣味を始めたいな」と思っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今月は、車が有れば🚗今日にでも直ぐに始められるアンティーク食器の世界にご案内します。


「あら、ヘーゼルアトラスのオーキッドスナックセットにブーピーが2つ。左の小さいのはキャンドルウィックのソルトディッシュかしら。」そんなアドバンスな貴方には、ブログの後半に別の楽しみ方をご紹介しています。  

アドバンスさんの言葉が呪文🌀に聞こえた貴方も大丈夫。アンティーク初心者マーク🔰さんは先ずはこちらからどうぞ。 

1920年代後半〜1970年代頃に作られたガラス食器がアンティークとして取引されています。(厳密には製造後100年未満なのでヴィンテージとも呼ばれます)最近では日本でもアメリカンアンティーク食器の人気が高まっているそうで、高値で取引されているとか。「アメリカで買って、日本で売れば🤔」という取らぬ狸の皮算用はさておき。日本人に人気なアンティークをいくつかご紹介します。

                                ✨    何と言っても、ファイヤーキング🔥 【アンカーホッキング社 Fire King】

色々な種類が有りますが、白色のミルクグラスと緑色のジェダイが人気です。殆どの食器の裏にFire Kingと刻印が有ります。刻印は製造時期によって違います。(アドバンスさんになると、皿をひっくり返して直ぐバックスタンプチェックしがち)                                 ✨ お茶会に頻出!キャンドルウィック 【インペリアル社 Candlewick】

お皿を取り囲む粒々が女子の心をくすぐるデザイン。粒々は、(カップ等の例外はあるようですが)職人さんが一つ一つ手作業でつけたものだそう。なので、本物は粒々が滑らかです。(アドバンスさんが粒々を直ぐ撫でたがるのはそのせいね)                                  ✨ 一度は通る道、バブル🧼 【アンカーホッキング社  Bubble】

表面のぽってりとした泡模様が何とも優しく、透明な物は光にかざすとキラキラとっても素敵✨ルビー色以外はファイヤーキングに分類されるようですが、バブルは別枠でご紹介します。Fire Kingの刻印は無く(⚓︎の刻印が有ったらレア)、底面はお菊模様です。(ブーピーグラスとキャンドルウィックを見分けられたら、アドバンスさんの仲間入りか⁉️)                                   ✨

車が有れば🚗と言われたけれど、手始めに何処に行くか。それはそれは色々有りますが、先ずはご近所のantique storesをgoogleマップで検索して訪れてみましょう。もしくは、規模の大きいantique mallもお勧めです。

「アンティークショップに行く勇気が無い💦」という方もいらっしゃるかもしれません。でも大丈夫。2月15日(金)〜17日(日)に、待ちに待ったヒューストングラスショーが開催されます。

http://maxmillerantiques.com/houston-glass-show/

入場料がかかりますが、それでも行く価値ありのアドレナリン爆発🌋イベント。右を見ても左を見てもアンティーク食器・食器・食器。前から欲しかったアレも、なかなか出会えなかったコレも、見つかるかも。 駐車場は安定の無料なのでご安心を♡ さて、アンティークショーまでの間は何をしましょうか。まず図書館に行って「ディプレッショングラスの本は何処ですか❓」と本を借りましょう。

写真を眺めては、お好みのデザインと名前をひたすら記憶。(ここ重要。アンティークの楽しさが何倍にも広がるハズ)そして親切な本には相場も書いてあります。図書館で本を借りなくとも、全米にはお皿大好き奥様達のアンティークブログが沢山あります。そちらでお勉強させていたくのも楽しいものです。周りにアンティーク好きな方がいらっしゃったら、コレクションを見せていただくのも。 さて、そろそろアンティークショーへの準備が整いました。当日は眺めるだけでも良し、買うも良し。予算についてですが、物によっては1桁台のものも。お会計の時は「ディスカウント有りますか❓」の一言もお忘れずに😉

この度、アンティーク特集をするにあたり、私に何か出来る事はないかと考えて、考えて、考えず、棚卸し(言い方だけは業者みたいです💦)をしてみる事にしました。そうしたところ、集めた食器達はアメリカの大きなゲスト用ダイニングテーブル🇺🇸にも載りきらず(まさかの事態😨)。自分でも呆れる程の数に。でも全てを出してみた事で、良い振り返りとなりました。アメリカで認知度が高まっている 

Konmariさん の如く「トキメク❓トキメカナイ❓」の時が私にもやってきたのでしょうか。確かにもうトキメイテイナイものも…。アドバンスさんの楽しみ方として『全部出してみる』というのは如何でしょうか。(こんな私はアドバンスではなく、インターミディエイトです) 昨年、日本に戻られたKさんは「持ち帰った大量のお皿に苦しんでいます」と本音を教えてくださいました。住居事情が違うのが最大の理由かと思いますが、、それでも「好きなものは眺めているだけで幸せ♡」とも。

皆さま、買い過ぎにはくれぐれもご注意くださいね🗣

お写真の提供やアンティークへの情熱を聞かせてくださった皆様、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

*****************

お助けマップ は、月一回、第三木曜日の10時〜12時の三水会館(Seiwaからスグ🚗)ミーティングを基本として活動をしています。笑いに溢れた楽しい会です。今年は今回のようなお茶会、はたまた次回は和食レストランでのランチ会等毎回楽しい企画を予定しています。

「日本語喋りたい!」

「お友達作りたい!」

「パソコン得意💛」

「Katyに詳しい☆」

など動機は問いません🤗

随時ボランティアメンバー募集中です♪

(夏場は暑いので活動はお休み🌞いや、お子様の夏休み期間はお休みします😪)

お問い合わせは、お気軽な気持ちで

コチラ からどうぞ♡

こちらのブログのシェアもお気軽にどうぞ♡

次回はチョコレート特集💘(の予定)

#アンティーク #グラスショー #ヒューストン #ディプレッショングラス #ファイヤーキング #ミルクグラス #ジェダイ #キャンドルウィック #バブル #ブーピー #ボランティア

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

2017 by ヒューストン日本商工会お助けマップ