ドキドキ、「新型コロナワクチン」体験レポート





ヒューストンでは昨年12月より医療従事者や高齢者向けに先行接種がスタートした新型コロナワクチン。そして4月よりついに16歳以上が接種対象者になり、成人なら誰もがワクチンを受けられるように。医療従事者の友人たちは今年早々に接種を終えていました。そして私自身も先日ついに2回目接種を無事終了。でもワクチン接種にはまだ不安な方も多いかと思います。今回は実際ワクチン接種をした私や周囲の体験談、そしてワクチンにまつわる基礎知識などをシェアさせていただこうと思います。



〜まずはワクチンの種類〜


mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

ウイルスの一部の遺伝子情報(mRNA)を体内に直接投与。この遺伝子情報を基に、体内でウイルスのタンパク質の一部が作られ、それに対する抗体などができることでウイルスに対する免疫を獲得。mRNAは温度変化に弱く極めて壊れやすいため、超低温での保存が必要


◆ファイザー 1回目の接種後、3週間の間隔で2回目を接種

◆モデルナ  1回目の接種後、4週間の間隔で2回目を接種

有効性はどちらも約95%程度




ウイルスベクターワクチン

抗原タンパク質の遺伝子を組み込んだ”組み替えウイルス”を投与することで、新型コロナウイルスに対する免疫が誘導される仕組み。 ジョンソン アンド ジョンソン(J&J) アデノウイルス26使用。接種は1回のみ 有効性は約66%とmRNAワクチンより低いものの、COVID-19の重症化予防は米国で86%と優れた結果が。また変異ウイルスが流行中の南アフリカでも82%と高い有効性が実証されている。

◆アストラゼネガ(英)チンパンジーアデノウイルスを使用。接種は2回



〜新型コロナワクチン、どうやって予約?〜

4月になってからずいぶん予約が取りやすくなったようです。供給機関は公共施設、病院、薬局の3つ。公共施設や病院だと、まずその機関に登録し、先方から予約リンクが送られてくるのを待ち、その後予約という手順です。薬局の場合は直接ウエブから予約が可能ですが、空きを見つけるのは至難の技。予約が追加される早朝や、Zipcodeではなく都市名で検索するなど、ちょっとした工夫が必要なようです。


<ワクチン供給機関リスト 一例>

◆様々な機関のワクチン供給状況を一挙にチェックできる便利サイト

https://vaccinefinder.org/search/

◆Harris County Public Health(公共)

https://houstonemergency.org/covid-19-vaccines/

◆UT Physicians ーUT Healthー(病院)

https://www.utphysicians.com/covid19vaccine/

◆Memorial Hermann(病院)

https://memorialhermann.org/services/conditions/coronavirus/texas-vaccine-hub

◆Houston Methodist(病院)

https://www.houstonmethodist.org/vaccine-scheduling-en/

◆CVS Pharmacy(病院)

https://www.cvs.com/immunizations/covid-19-vaccine?WT.ac=cvs-storelocator-covid-vaccine-searchpilot

◆Walgreens(病院)

https://www.walgreens.com/pharmacy/schedule-appointment.jsp?frm=pharmacy#/location




〜さて、ここからはワクチン体験レポート!〜

私はHarris County Public HealthのWEBから予約登録。数日後予約リンクが送られてきて予約しますが、その時点でファイザーかモデルナかはわかりませんでした。病院や薬局での接種の場合は、どのワクチンのストックがあるのか明記されています。 ①

1回目はDelmar Stadium。ドライブスルー式で接種を行いました。

スタジアムに入ったらオレンジのコーンに沿ってどんどん進んでいきます。


チェックポイントに到着。ここで登録確認をされます。この時運転免許書を見せただけで、予約QRコードの提示は求められませんでした。


そのまま進むと、ワクチン接種ポイントの列に並びます。

この日は全く行列がなく、あっという間に順番が回ってきてかなり緊張。「今日はモデルナですよ」と言われ、コロナワクチンレコードカードを渡された後、ぶちゅ。インフルエンザ予防ワクチンは筋肉注射で、終わってすぐ「痛いっ」て思うけれど、コロナワクチンの接種直後は何も感じず、ちょっと拍子抜け。


接種後、ウェイティングゾーンに進みます。接種直後アナフラキーショックや気分が悪くなった場合に備え、15分ほど待機させられます。スタッフの人が「大丈夫ですか〜」と一人ひとりに様子を伺いにきます。会場には緊急時に対応する救急隊が待機しています。


1回目、無事終了!



私はモデルナだったので、2回目は約28日後。人によって異なりますが、大体2回目接種期日の1週間〜数日前迄に予約リンクが送られてきます。2回目の場所はジョージブッシュ国際空港隣のパーキングロットが開催地だと指定されていました。


この会場は2回目限定だからか、あまり混雑していませんでした。他の車をフォローして進んでいくと、チェックポイントがあり、少しの間待ち、、、


3分くらいしたらスタッフがきて、1回目にもらったコロナワクチンレコードカードの掲示を求められます。


その後ワクチン接種ポイントに進みます。1回目と同様、あっさり終わりました。そして15分待機エリアで安全を確認し帰路に、、、、。



〜さて、コロナワクチン接種後の副反応はというと?〜

<私の場合>

1回目

接種前に念のためTylenol(鎮痛剤)を服用。4、5時間経過してから接種側の腕が突然ずっしり重くなり、重度の筋肉痛といった痛みが翌日まで続きました。肩以上腕が上がらないくらい強烈な痛み😂。それ以外の副反応は全くなく、安心しました☺️


2回目

多くの人が副反応に苦しんでいたので、私もいつくるかくるかとかなりナーバスでしたが、結局午後2時に接種して、副反応が出たのは夜中の2時頃。あまりの寝苦しさに目が覚めたら、体の節々が痛くって痛くって全身倦怠感。翌朝熱を測ってみると38度5分!高熱なんて10年ぶりぐらいなのでちょっと驚きました。起きがけにTylenolを服用したので若干熱は下がりましたが、午後になるとまた高熱に。その日は一日ベットで休み、熱が引いたのは翌日の午後。私の場合主な副反応は発熱と関節痛で、36時間続きました。


<周囲の声>

ガルベストン地区(公共)で接種の30代女性:

1回目ー2日目に接種部位に軽い筋肉痛のような症状だけ。ただし主人は接種部位の疼痛・腫れがあり「腕が痛くて、肩より上にあげれない。」と騒いでおりました(笑)



Memorial Hermannでファイザーを接種した50代の女性:

1回目ー軽い頭痛と接種部位の筋肉痛

2回目ー接種日の夜に激しい頭痛、翌日、鼻血、倦怠感、頭痛、 Tylenolを飲み続けてたので発熱はなし。副反応は4日ほどだらだら続きました。



KATY地区の薬局でジョンソン&ジョンソンを接種した40代の女性:

接種翌日に倦怠感と悪寒がしましたが1日で治りました。


NRGスタジアムでファイザーを接種した40代の女性:

1回目ー接種部位の筋肉痛のような痛み

2回目ー接種後24時間後に副反応が現れました。全身倦怠感、頭痛、目の焦燥感などが起きましたが、翌日にはリカバリー。


病院でファイザーを接種した80代女性:

1回目、2回目とも多少の倦怠感があったものの、副反応はほぼなし。


*2回目接種後、多くの人が1日〜2日は副反応による症状が出たと訴えています。また70歳以上では副反応が起こるこ率はグッと少ないようです。


以上です。少しは皆さんのお役に立てることを願って。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

2017 by ヒューストン日本商工会お助けマップ